MANUAL
- 油性施工マニュアル -

8
機材の取扱い

8-4 アンダーコーティングプロ

(1)アンダーコーティングプロ取扱い

浸透性防錆剤の1Ⅼ以上のタイプを使用する際は、このアンダーコーティングプロを使用して効率よく塗布をすることができます。このように各ダイヤルで、材料の噴射圧力や材料の吐出量を、細かく調整ができエアーゾールタイプより適切な塗布量と塗布安定性が保持できます。加圧し過ぎると、エアーと材料がリデューサーから溢れてくる場合がありますので注意してください。あふれた場合は供給エア圧力を下げて使用してください。アンダーコーティングプロは4種類のノズルを付け替えて塗布作業が出来ます。ロングノズルの長さは150cmあり、長さを活かし様々な形状の内部にも塗布することができます。ロングノズルの先端で放射状に材料を塗布することができます。他、スプレーヘッドキャップが付属致します。

(2)アンダーコーティングプロ洗浄方法

タンクの中の材料を元の缶に戻します。ガンを空ぶきし、ガン本体から材料排出します。ガン本体のパイプが洗浄液に浸るようにタンクに差し込みます。ガン先端を抑えながらトリガーを引き、ガンのエアが戻るのを利用して吸い込みパイプを洗浄します。各ノズルは、パーツクリーナーなどで先端の浸透性防錆剤のワックス成分を吹き飛ばして洗浄します。