MANUAL
- 油性施工マニュアル -

3
塗布禁止箇所の説明

3-1 塗布禁止箇所の説明

(1)電装部位(センサー)

以下の様なセンサーが作動・反応しなくならないようにマスキングなどをして、塗布を避けて下さい。

  • 光軸センサー
  • キーレスセンサー
車種ごとに電装関係のセンサー位置が異なりますので事前に確認してから作業を行ってください。
(2)摺動部位(サスペンション)

防錆剤などのケミカルがサスペンションの摺動部位(主にサスペンションのインナーロッド)に付着し、ダストシールやオイルシールを傷めないようにマスキングなどをして塗布を避けて下さい。

(3)制動部位(ブレーキ系統)

防錆剤などのケミカルが制動部位(ブレーキ系統)に付着し、制動能力を損なわないように、マスキングなどをして塗布を避けて下さい。

(4)加熱放熱部位(マフラー、エンジン等)

防錆剤などのケミカルが加熱放熱部位(マフラー・エンジン等)に付着し、それらが発熱しないようにマスキングなどをして塗布を避けて下さい。

(5)吸気部位(室内吸気等)

防錆剤などのケミカルが吸気部位(室内吸気等)に付着し、それらが吸気の障害にならないようにマスキングなどをして塗布を避けて下さい。

(6)動力伝達装置(ドライブシャフト、プロペラシャフト)

防錆剤などのケミカルが動力伝達装置(ドライブシャフト、プロペラシャフト)に多量に付着すると、それらが回転して支持部に負荷を掛ける可能性があります。
塗布中に避けることが難しければ、マスキングなどをして塗布を避けます。

(7)チッピング材シーラント

塗布禁止箇所、チッピング材の確認をします。ホイールハウスやアンダーフロアには耐チッピングなどの目的でシーラントが施工されている箇所が多くあります。このような軟質の部分は、防錆剤が密着しづらく、チッピング材の上に塗布する必要もありませんので避けて塗布を行います。

(他)冷却装置・燃料装置・コーションラベルなど
◎ハイブリット車の場合
(8)高電圧部位(オレンジ配線)
ハイブリット車両などの高電圧部位はオレンジ色で識別されてます。
必ずオレンジ色を保持できるようマスキング等を行い塗布しないようにしてください。
※高電圧による感電事故を防ぐために必ず高電圧用の装備(グローヴ)などをして、ハイブリット車等の取扱いに従って作業をして下さい。